「あっ、俺ハロプロに興味無くなってきたな」って感じる瞬間