佳林ちゃん「鶴太郎さんにはかなわないですね。」