長谷川豊「なぁ。僕への批判書きこんでる諸君。お前たちごときに、僕が負けるかどうか見せてやるよ!