大ブレイクの吉岡里帆、“癒し系”の裏にある「満足しない」厳しい視点