アンジュルムの「きらびやかなステージには立ちたいけど、苦労や汚れ仕事は真っ平」という姿勢