【若田部遥】昨日のことなのにずっと前に思えるくらい。 たくさんの思い出がギュッと詰まった1日でした。